新潟プログラミング教室《スクール》学ぶ方法

プログラミングを学ぶスクール以外の方法は?

プログラミングを学ぶにはプログラミングスクールに通うという事も良いのですが、他にも方法はあるのでその中で自分が一番良いと思われるものを選ぶと良いでしょう。内容と質、コストと習得にかかる時間など個々の人によって重視する者は全く異なる事になるでしょうから、それぞれが重視するものを何かという点で考えると分かりやすいはずです。

 

大学・専門学校に通う

効率的に且つ、確実に技術と知識を習得することが出来るでしょう。人脈も増えるでしょうからここから仕事を獲得するという事も出来る可能性もあります。

勉強会・講座に参加する

自分の技術の不足しているところを補ったり、レベルアップには効果的です。ただ、目的の講座や勉強会が開かれているのかどうかを調べるのも時間がかかります。

アルバイトしながら身につける

アルバイトで実際に仕事をしながら現場で必要なことを直に覚えられるというメリットはありますが、そのようなアルバイトが見つかるかどうかという事と、目的とする技術の仕事になっているのかどうかという事も考える必要があります。

 

それぞれにメリットデメリットがあるのでそれらを考えて学ぶとよいと思われます。

 

プログラミングを学ぶ前に

プログラミングスキルの取得には多くの時間を要するため、複数の言語を極めるのは困難であることから最初に言語を決めることで徹底的に知識と経験を積み重ねることが大切です。

 

直近の日本国内のシェアを見てみるとスマートフォンではiPhoneなどで利用されているiOSが7割前後、パソコンではWindowsが9割前後となっており、いずれかのOSが圧倒的なのが特徴です。

 

シェアが多いとビジネス目的ならば潜在的な顧客も多い可能性が高く、個人の趣味でアプリを公開する場合でもより多くのユーザーに利用してもらえる可能性が高まります。
その一方で、自身が開発したいアプリを実現できるOSがそれしか無いならば、シェアではなく機能で選択するのもひとつの方法です。
自分が何をしたいのか目指す目標を明確にするならば、おのずとそれに合った言語を決めることができます。

 

そこで、どんな言語がいいかお悩みの方は、初心者必見!覚える前に知っておきたいプログラミング言語を参照してくださいね。

page top