プログラミング言語

プログラミング言語の特徴・難易度

HTML&CSS

HTML&CSSとはweb制作に必須言語名プログラミング言語です。HTMLとCSSについて簡単に説明いたしますと、HTMLはWEBページ内の文章や写真などの情報を載せることに用いられ、CSSはHTMKで書かれた情報に対してWEBページ内で配置やデザインを設定する際に用いられます。プログラミング言語だけでいいますとpythonやcなど様々な種類がありますが、インターネットに接続して動作させられる言語が限られていますのでそういった点からもHTMLとCSSはweb制作に必須言語といえます。因みにこれらと当時に用いられるげんごとしましてはjavascliptというものが存在し、主に動的な、例えばカーソルを当てるとバーが開く等のWEB上の動作を担います。

 

Java

Javaとはアプリまで使われている言語であり、OSに依存をしない特徴を持っているのでどのような環境でもソフトを動かすことができるという利点があります。
OSに依存をする場合には、Windowsでは動くけれどもMacintoshでは動かない、あるいはその逆のことが起こったりしてそれぞれ別にソフトを作らなければなりません。
JavaであればOSを気にすることなく開発をすることができるので、互換性を考慮しなくていいというのは強みとなります。処理速度が速いという特徴もあるため、スピードを求める時にも適しています。一方でプログラミング以外の部分で作業が面倒であったり、学習環境が少なく覚えることが難しいという欠点があります。

 

JavaScript

JavaScriptとはプログラミング言語の1つで、Web制作・アプリに使う言語です。ネットに関わる多くの場面で使用されています。Javaに似てはいますが、JavaScriptの前身のようなものであり、その内容もこれとは全く異なる言語となっています。ネット上で様々なものを創ろうと考えている人にとっては、使いこなしておいて損はない技術です。素人が勉強しようとしても難しい部分がありますので、興味があって勉強を始めたいという方は専用の講座を開講している教室がありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

 

PHP

PHPは主に動的ウェブページに使用する言語です。動的ウェブページとはWEBページ内でカーソル(矢印)を当てたときに、バーが開くや、文字の色が変わるなどするものを指します。WEBページ自体はHTML及びCSSで作成されることが多いですが、これらのプログラミング言語は動作を実行しませんのでカーソルを当てても何も反応しません。そこでPHPを用いることでWEBページに動きを出します。また、「次」や「戻る」などの押しても良いボタンを示して注意を促すことにより閲覧者に見やすくするという視覚的効果も担っております。PHP同様に動的WEBページを作成するときにはjavascliptというプログラミング言語が用いられることもあります。

 

jQuery

jQueryって何?というとWEBサイトにアニメーションのような動きを付けることが出来るものという事になります。簡単な物という条件は付きますが、WEBサイトをより魅力的に見せたりする事がこれで出来るようになるというわけです。
このタイプのツールとしてはJavaScriptといわれるものがありましたが、これをさらに使いやすく、便利にしたものというと理解が容易になるかもしれません。アニメーションのような動的なものを制作しようとすると難解で複雑なプログラムを作る必要が出てくる事になりますが、jQueryを使用すると簡単に制作する事が出来て、理解も簡単になるというのが、このツールの利点という事になるでしょう。

 

jQueryでできることの例としては、マウスで選択をすると画像が入れ替わって別のモノとなるというような事や、マウスオーバーによってアニメーションを付けるというような事などが出来るので、サイトを訪問している人が利用しやすいようにサイトにちょっとした動きを付けるという様な事が出来るというように考えると分かり易く理解出来るかもしれません。

 

jQueryを利用すめる為には、最初の段階で読み込んでおく必要がありますが、これはHTML上に前もって記述しておくことで出来るようになっています。

 

Ruby

Rubyとはプログラミング言語の一つで、Webアプリで使用する言語です。日本人のまつもとゆきひろ氏によって開発されたもので、宝石のルビーが名前の由来となっています。Rubyの特徴としては、オブジェクト指向ならではの自由度の高さと、コードの簡潔さや直感的な分かりやすさが挙げられます。まつもと氏が「ストレスなくプログラミングを楽しむ事」を設計思想に掲げていることもあり、実用性だけでなくプログラミングの楽しさを実感できることから一部の人から絶大な支持を得ているのです。また、CやJavaのようなコンパイラ言語の場合は、プログラミングを実行するのにコンパイルという手続きを必要としますが、Rubyはスクリプト言語である為にこのような煩わしさはありません。このように、自由度が高く扱いやすい言語であるRubyは、今後更なる注目を集めることになりそうです。

 

Swift

Swiftとは、ネイティブアプリを開発するために使われているプログラミング言語のことを指し示します。Sfiwtが対象としているのはMacOS、そしてiOSです。つまり、日本国内で高い人気と販売実績を誇るiPhoneやiPad、そしてMacPCで使用できるアプリの開発を実行できるプログラミング言語となります。
従前の開発環境で使用されていたネイティブアプリ開発言語はObjective-Cが使用されていたのですが、Swiftはその次世代に当たるプログラミング言語としての設計がされています。次世代の言語ということで、機能面での魅力的なポイントが多くなっています。
Swiftでできることは面倒な型の指定が必要なくなるという点、メモリ解放をコンパイラが行ってくれるという点などです。つまりObjective-Cの学習コストは比較的負荷の大きなものでしたが、SwiftはRubyやPythonなどのスクリプト言語の設計も採り入れていることで、習得しやすいという点が優れていますので快適な動作が期待できるとされています。

 

Scratch

プログラミングをする上で活用することができるビジュアル的なツールのことです。プログラミングは、処理を行わせるため、機械に対して命令を与えるプログラムを作成することになります。ここで処理を行わせるためには、一つ一つの命令を行わせ、最終的に処理を行えるように持っていく作業が必要です。

 

本来なら専用の構文から言語で記述し、それを機械語に変換して機械に処理をさせるように持って行きます。ただ専門的な構文や言語を逐一習得していかないと作成することができずに、それがプログラミングの学習の妨げになることも多いです。
そこでScratchでできることは、ビジュアル的な要素で感覚的に作業を行うことができるため、プログラミングがしやすいメリットが存在します。例えばパズルを組み合わせする様な感覚で、プログラムの作成を行うことが可能です。

 

しかもマウスを操作するだけで簡単にプログラムの作成ができてしまうことで、機械に処理を行わせる仕組みを理解することもできます。もっとも子供に対してのプログラミングの学習を行う上でも優れており、Scratchを利用すれば初歩的な知識を身に着けることも可能です。

 

Python

Pythonとは、今注目されているプログラミング言語です。Pythonが話題になるのは、それなりの理由があります。というのは、Pythonは少ないコード量で簡単にプログラムが書ける利点があるからです。そしてコードも読みやすいのです。AIやWeb開発などといった広いジャンルで利用されています。文法が非常にシンプルで、必要最小限のものしか用意されていません。だからこそ、読みやすくて書きやすい言語であると好評を博しているのです。シンプルですから、ほかの人が画いたコードも容易に読めることとなります。他人が書いたコードが読めるというのは、開発の現場においてはすこぶる重要なこととなります。Pythonは機械学習で使用する言語であり、実にオールラウンドな言語であると評判です。

 

プログラムを勉強するうえでMacは必需品?

ここで考えたいのが開発環境の選定ですが、全てのOSを網羅したいのであればMacは必需品です。

 

AppleがリリースしているiOS向けの開発環境のX-codeをはじめAndroid向けの開発環境のAndroid Studioが無料で利用できるのに加えて、BootCampを利用すればMacにWindowsをインストールすることができるためWindows向けの開発環境も構築可能で、あらゆるプラットフォームに対応できるのが強みです。

page top